ここなら安心♪横浜の出産でおすすめのクリニック特集

出産施設の種類と特徴

横浜にも数多くある、大学病院や産婦人科などの出産クリニック。その種類ごとの特徴をまとめてみました。

横浜で選べる出産クリニックの特徴

大学病院や産婦人科といった出産クリニックは、お母さんの希望に応じて選ぶことができます。ただ、施設の状況や妊婦の状態によっては、対応してもらえないケースも。希望の病院やクリニックが見つかったら、早めに問い合わせましょう。

総合病院・大学病院

公立病院と私立病院があり、周産期母子医療センターとクリニックの中間的存在です。約半数の人が病院で出産しています。

妊婦に合併症のリスクなどがある場合や、お産の途中で胎児や母体にトラブルが起きても、産婦人科以外の科があり緊急対応できる態勢が整っているので安心です。

反面、妊娠中の健診は待ち時間が長く、診察時間が短かい、健診のたびに医師がかわる、夜間や休診日にはスタッフが手薄になるというようなデメリットもあります。

総合周産期母子医療センター・地域周産期母子医療センター

NICU(新生児集中治療室)やMFICU(母体・胎児集中治療室)がある医療センターは、24時間変わらぬ体制で、地域で発生する難しい出産を扱ってくれる高度医療の要的存在です。

小児科を併設しているところが多く、出産後も引き続きあかちゃんをみてもらうことができます。

地域によってはベッド数の不足でリスクの少ない妊婦の出産は制限されていますが、ベッド数に余裕がある地域では、正常の出産も多数受け入れています。

クリニック・診療所

個人産院など小規模な出産施設は一人の医師にみてもらえ、スタッフとも顔なじみになり、信頼関係を築きやすいのが特徴です。約半数の人が個人産院で出産しています。

最近では、入院中の食事やアメニティ、マタニティ教室などのサービスに力を入れているところが増えています。居心地の面では、大病院に勝るところが多いのではないでしょうか。

個人産院の場合は、緊急時の対応に応じきれないことがありますが、近くの総合病院と提携することで、万が一の場合の態勢を整えています。

助産院・助産所

医師がいなくてもお産を扱える唯一の国家資格をもつ助産師が、お産の介助をしてくれます。妊娠中の生活やお産に関するきめこまやかなケアが可能です。

実家に帰ったように感じられ、リラックスして産めるという人たちに選ばれるようです。助産院の数は少なく、お産全体の1%くらいがここで出産しています。

横浜では、聖マリアクリニックの院内に助産院があります。必要時には産科医師、小児科医師との連携がとれるので、医療面でも安心できます。